蟹の最高の味をひきだす解凍するときのポイント

蟹を解凍するときのポイント ①蟹を冷蔵庫で自然解凍すること。ゆであげたときに近いうまさになり、食感がよく、ジューシーな身を味わうことができます。急いで解凍すると、身の中に凍っているドリップ(うまみ)が流れ出てしまいます。ゆっくり解凍が、蟹の王道の味を引き出します。

②蟹は乾燥が大敵。新聞紙などで包み、ビニール袋で密封して、冷蔵庫で数時間解凍します。蟹の上に、塩水で湿らせたキッチンペーパーを乗せてもいいでしょう。

③解凍は8分目にします。タラバガニ、アブラガニは内臓を抜いてからゆでるので、1日~1日半。毛ガニ、ズワイガニ、花咲ガニは、蟹みそが詰まっているので、時間がかかります。解凍後、2日間は保存可能。

※注意! 電子レンジでの凍ったままの加熱は避けます。ドリップが流れ出し、身がバサバサになります。

■裏技 自然解凍が間に合わないときは、流水解凍をします。ビニール袋に入れて、20~30分ほど流水。半解凍のときに盛りつけると、食べるころにほどよく解凍します。

このページの先頭へ