花咲ガニとは

花咲ガニの説明 花咲ガニは、タラバガニ科の蟹。根室半島の中央、花咲港に多く水揚げされたことから名前で呼ばれています。

水揚量がすくなく、本場の北海道でも稀少な蟹。ゆでると、花が咲いたような真っ赤な色になります。殻が堅く、全体に大きなトゲがある。漁期は6月末~9月など。タラバガニの半分ほどの大きさ。味はかなり良いのではまってしまう人も多い。ただ油分が多いため、大量に食べるのには不向きとも言われています。

<味>脚に詰まった身に魅力があり、甘みが強く、味わいがある。蟹みそは濃厚で、毛ガニと食べ比べても遜色ない味。

<調理法>トゲがあるので、はさみなどで注意してさばきましょう。味噌、豆腐、ネギを入れた、鉄砲汁もおすすめ。

このページの先頭へ