ゆで蟹(ボイル)の調理法

ゆで蟹(ボイル)の調理法の紹介 ゆで蟹は、かにの最も一般的な食べ方でボイルとも言われます。お湯に入れてゆでるだけなので、調理が簡単というのもポイント。ゆでるのが苦手という人はボイルしてある蟹を買っても良いでしょう。ボイルや保存、宅配の技術が進化しているので、ゆでてあるものを取り寄せても、うまみを最高の状態で味わうことができます。

ゆで時間は大きさや種類で調整が必要ですが、蟹が沈むくらいの水を沸騰させ、塩を入れて15~20分前後ゆでます。こだわりの塩や水を選んでゆでると、よりいっそうおいしくなります。

解体し、身を取り出し、好みで、蟹酢や柑橘類の果実(レモンやスダチなど)を絞った汁につけて食べるとサッパリと頂けるのでオススメ。蟹みそを味わうことができるのもゆで蟹の特徴。

■蟹みそ あまり知られていないが、蟹みそは蟹の内臓。毛ガニ、ズワイガニ、花咲ガニのものが美味でほかの蟹ではあまりおいしくない。時期により量に増減があります。

このページの先頭へ